ISO9001審査合格率100%

0120-068-268
お電話受付:平日9:30〜18:30

ISO9001認証お役立ちコラム

ISO9001で作らなければいけない手順って?

2019年6月9日

ISO9001では作らなくてはいけない手順は何があるのでしょうか?
ISO9001では手順をつくらないといけない項目が明確にされており、そこには「文書化された手順」と表記されています。

この「文書化された手順」と書かれているところだけ手順を作れば問題はなく、それ以外の手順は厳密には求められていないのです。
では具体的にどの項番が該当するのでしょうか?ISO9001では6つの項番が該当します。

4.2.3 文書管理
4.2.4 記録管理
8.2.2 内部監査
8.3  不適合製品の管理
8.5.2 是正処置
8.5.3 予防処置

この6つの項番にはそれぞれ満たす必要のある要求をおさえた手順が必要になります。
それは品質マニュアルに組み込んでもよいですし、手順書として別文書にしても問題ありません。

逆を言えば、これ以外の項番については手順をマニュアルに組み込んだり、手順書等をつくらなくてもよいのです。

仕事の営業マニュアルだったり、購買マニュアルだったり、検査マニュアルだったり、たくさんの文書・手順書を作った結果、形骸化や改訂が大変になっていないでしょうか?

本来の業務に力を注ぐべく、ISO9001の負担は限りなく少なくしたいですね。

\ 便利なWEBお問い合わせフォームはこちら /
WEBお問い合わせ

プロのコンサルタントがお悩みをお伺いします。
お気軽にご相談ください。

ISO・Pマーク(プライバシーマーク)に関することなら
何でもお気軽にご相談ください

認証パートナーロゴ

0120-068-268
お電話受付:平日9:30〜18:30

5営業日以内にお届け!

新規取得・運用別に
役立つ資料をお届けします

新規認証や運用・更新にあたって当社が何を請け負うか、
わかりやすい資料でご検討の参考にしてください。

役立つ資料をお届け

ISO9001認証パートナー
サービスのご案内

認証パートナーロゴ

認証パートナーの専門コンサルタントが御社の一員となって事務局業務を行います。
お客様の作業は審査機関との窓口役だけ。それ以外はすべてお任せください。