ISO14001審査合格率100%

0120-068-268
お電話受付:平日9:30〜17:00

ISO14001認証お役立ちコラム

【必見】ベトナムでISO14001取得方法と注意するべき環境法令

スタッフ写真
スタッフ写真

2023年11月14日

【必見】ベトナムでISO14001取得方法と注意するべき環境法令

ベトナムでISO14001を取得することのメリットは会社として環境に配慮した活動が出来ていることをわかってもらえることです。ISO14001は世界で定められた基準なので、ベトナムでも取得することが出来ます。ベトナムでも取得するためのコンサル会社はあり、コンサル利用することで半年で取得することが出来ます。

1.なぜベトナムでISO14001が必要なのか?

ベトナムでISO14001が必要とされる理由はいくつかあります。

・環境保護の意識の高まり
近年、ベトナム国内では環境保護意識が高まっています。
企業が環境に配慮したビジネスを行うことが求められています。

また、ベトナム政府は環境保護に関する法律や規制を制定しています。
例えば、環境影響評価の実施や環境許認可の取得などが求められます。
ISO14001の取得は、これらの要件を満たすための有効な手段となります。

・輸出市場へのアクセス
世界では環境に配慮した製品やサービスへの需要が増えており、一部の国や企業は環境マネジメントシステムの取得を求めています。
ISO14001を取得することにより、輸出市場へのアクセスを容易にし、競争力を向上させることができます。

2.ベトナムでISO14001を取得するメリット・デメリット

次に、ISO14001を取得することのメリット・デメリットについて紹介します。

ISO14001を取得することのメリット・デメリットはそれぞれ大きく3つです。

(1)取得のメリット

①第三者へのアピールになる
ISO14001を取得することで、企業としてISO14001の認証マークが使用できるようになります。

認証マークをHPや、名刺などに掲載することで取引先から信頼を得ることが出来ます。
顧客の信頼を得ることによって企業の競争力を向上させることにつながる場合もあります。

環境に敏感な顧客や取引先からの支持を得ることができ営業活動や取引先からの調査がスムーズになります。

②法令順守の強化になる
ISO14001は、環境に関連する法令や規制に対する企業の遵守を促進します。

この基準を取得することにより、企業は環境法令の遵守に関するリスクを低減し、法的な問題を回避するための枠組みを整えることができます。

③環境意識の向上
ISO14001の取得は、従業員や関係者の環境意識を高める効果もあります。

環境マネジメントシステムの導入により、従業員は環境への配慮や環境負荷の軽減方法について学び、日常業務に反映することができます。

(2)取得のデメリット

①マニュアルや記録を作成する手間が増える
ISO14001を取得・維持するために、記録の作成やマニュアルの作成が発生します。

そのため、記録やマニュアルといったISO14001を取得・維持するための本業以外の業務が発生してしまい、担当者にも大きな負荷が掛かってしまいます。
また、ISO14001関連の記録は、3年間以上の保存が必要になります。

そのため記録を保管する場所を確保する必要があります。
ただ、記録の保管形態は定まっておらず電子媒体でも問題ないので、必ずしも紙媒体で保管する必要はありません。

②費用がかかる
ISO14001は取得するために審査機関に審査費用を支払う必要があります。

また、ISO14001の審査は取得時だけでなく、毎年更新審査を受ける必要があります。
そのため、毎年審査費用が発生することになります。
審査費用が、ISO14001を取得することで得られる取引の可能性などと釣り合っているのか、費用対効果を考える必要があります。

③理想を求めすぎて、社員とのギャップが生まれてしまう
ISO14001の取得は、組織文化の変化を求める場合があります。

環境意識の向上や従業員の参加、持続的な改善の推進など、環境への取り組みに対する組織全体の意識改革が必要となります。

これには時間と努力が必要であり、組織の一部のメンバーにとっては抵抗感や変化への適応が必要な場合があります。

(3)ISO14001取得企業事例

実際にベトナムでISO14001を取得している企業は、親会社や顧客からの要求により取得されていることが多いです。

また、ISO14001を自社で運用しているベトナム企業が多いですが、そのほとんどは日本の本社が使用している規程や記録をベトナム語に翻訳してあるだけで、ベトナム企業の規模に合わないつくりになっており、取得・維持するのが負担になってしまっている企業が多いのも事実です。

3.「日本のISO」と「ベトナムのISO」の違い


「日本のISO」と「ベトナムのISO」の違い

日本とベトナムで、ISO14001の運用方法は異なるのでしょうか。

認証を受ける国が違えば、「ISO14001の基準も変わる」と考えられる方も多いです。
しかし、答えは「ノー」です。
ISOは国際基準なので、日本でもベトナムでも「ISO14001の基準」が変わることはありません。

強いていうのであれば、「ISO14001の審査する審査員の価値観」が異なります。
ベトナムでISO審査をするのはベトナムの現地の方です。

ベトナムと日本では、「ビジネス観」の違いがあるため、この価値観の違いにより、審査の進め方にストレスを抱える企業もあります。

プロのコンサルタントがお悩みをお伺いします!

4.ベトナムでISO14001取得は難しい?

ISO14001は国際基準であり、そのため、日本とベトナムで異なる要件があるわけではありません。

したがって、ベトナムでISO14001認証を取得することは難しくありません。

既に日本の本社でISO14001認証を取得している場合、その仕組みをベトナムの拠点でも適用することで、ベトナムでもISO14001認証を取得できます。

また、ベトナムの拠点でISO認証を取得したいが、翻訳などの手続きが面倒だという要望がよく寄せられます。

この場合、日本で既にISO14001認証を取得している場合、その認証範囲を拡張し、ベトナムの拠点も含めることを検討することができます。

これにより、日本の本社と同じISO14001の仕組みを採用し、同じサイクルでISO審査を受けることが可能となります。

5.ベトナムでのISO14001取得の流れ

ISO14001認証をベトナムで取得する際、所要期間についての詳細を以下に示します。

自社内での認証構築の場合、認証までに1年から1年半以上かかる可能性があります。

外部のサポートを受ける場合、6か月から8か月かかるでしょう。

もし急いで認証を取得する必要がある場合、外部のサポートを検討することも検討に値します。

以下は、ISO14001認証を取得するための大まかなステップです。

(1)組織内体制の確立

最初に行うべきことは、ISO担当者の指名です。このISO担当者はISO14001の中核となる役割を果たし、全社でのISO14001の導入をリードします。

(2)認証取得計画の策定

次に、ISO14001認証を取得する目標日を設定します。

模範的な締め切りを設定することが重要で、具体的な「◯月までに取得」という期限を定めることで、認証の達成度が向上し、認証を取りやめるリスクが軽減します。

(3)外部サポートの検討

認証希望時期が確定したら、外部サポートが必要かどうかを判断します。

ISO14001の導入に関して、高度な専門知識や必要なリソースが不足している場合、外部コンサルティングを検討することが有益です。

コンサルタント選択時に、日本語とベトナム語の両方に対応するコンサルタントを探すことが賢明です。

(4)品質マネジメントシステムの構築

ISO担当者の指名と認証取得計画が確立したら、ISO14001のマニュアルや手順書を作成する段階に入ります。

自社内で作成する場合、約3か月の期間を見積もることが適切です。

外部サポートを利用する場合は、約1か月の期間を予定してください。

(5)ISO14001の運用

マニュアルや手順書の作成が完了したら、これに従って記録を作成する作業に取り組みます。

自社で運用する場合、約6か月かかるでしょう。外部サポートを利用する場合は、1か月から3か月かかるでしょう。

(6)認証機関への申請

運用の実績が一定レベルに達したら、認証を受けるための認証機関を選定し、申請を行います。

ベトナム国内には約30社から50社の認証機関が存在し、事前に情報収集を行うことが重要です。

異なる審査方針を持つ認証機関があるため、最低でも3社に相談することをお勧めします。

(7)認証審査

認証審査は2段階で実施されます。

1回目の審査では、文書や規程がISO14001の要件に適合しているかを確認します。

2回目の審査では、文書や規程に従った運用が問題ないかを審査します。

2つの審査段階で修正が必要な場合、約1か月の期間を見込んで修正作業を行うことが適切です。

(8)ISO14001認証取得完了

1回目と2回目の審査が完了し、修正が完了したら、認証機関からの認証を待つ段階に入ります。

認証機関からの認証通知が届き、登録契約手続きが完了すれば、ISO14001認証を取得したことになります。

6.ISO14001で要求されている事項

ISO14001は環境マネジメントシステムに関する国際規格で、環境への負荷を最小限に抑え、持続可能な事業活動を促進するための要件を定めています。

ISO14001で要求されている主要な事項は以下の通りです。

①環境方針
環境方針は組織の最高経営層によって策定され、環境方針の遵守が組織全体で確実に実行されることを示すものです。

環境方針は環境目標と一貫性がある必要があります。

②環境目標
環境目標は環境方針に基づいて設定され、組織の環境パフォーマンスを向上させるための具体的な目標で す。これらの目標は測定可能で、定期的に評価されるべきです。

③環境側面
環境側面は組織の活動、製品、およびサービスによって引き起こされる環境への影響を特定し、評価するための情報を提供します。

環境側面の評価に基づいて、環境目標と計画を策定します。

④順守義務・順守評価
組織は、適用される法規や規制に順守するための手順とプロセスを策定し、評価する必要があります。

順守義務を果たすことは環境マネジメントシステムの重要な要素です。

⑤緊急事態への取り組み
組織は、緊急事態(例:事故、災害)に対処し、それを最小限に抑えるための計画や手順を策定し、実施する必要があります。

これには緊急事態の予防と対処が含まれます。

⑥その他必要な文書・活動
ISO14001は、環境マネジメントシステムを文書化し、適切な記録を保持することを要求します。

組織は必要な文書や記録を作成し、保持するべきです。

また、内部監査や上級管理レビューなどの活動を実施し、環境パフォーマンスの向上を追求します。

これらの要件を満たすことにより、組織はISO14001認証を取得し、環境に対する責任を果たし、継続的な改善を実現するためのフレームワークを確立します。

7.ベトナムでISO14001取得の際に注意するべき環境法令

ベトナムでISO14001認証を取得する際には、環境法令に関する遵守が非常に重要です。以下に、ベトナムで特に注意すべき環境法令についていくつかのポイントを示します。

ただし、法令は変更される可能性があるため、最新の情報を確認することが重要です。

①環境保護法
ベトナムの基本的な環境法律で、環境への影響評価、廃棄物 管理、大気汚染、水質管理、環境規制など、多くの環境問題に関する規制が含まれています。組織はこれ らの要件を順守する必要があります。

②水質規制法
水質の管理と保護に関する法令です。水質基準と排水基準に関する規定が含まれており、水源、排水、廃水処理に関する規制に従う必要があります。

③大気質法:
大気汚染とそのコントロールに関する法律で、排気ガスの放出基準や監視が規定されています。組織は大気質法に準拠し、大気質を管理する必要があります。

④廃棄物管理法
廃棄物の生成、処理、運搬、リサイクルに関する法令です。廃棄物の適切な処理とリサイクルが求められ、法令に従う必要があります。

⑤環境影響評価法
新しいプロジェクトや施設の建設前に環境影響評価(EIA)を実施することが求められます。EIA報告書の作成と承認プロセスに関する法令に従う必要があります。

⑥環境汚染責任法
環境汚染の発生時に責任を負う法令で、事故や環境汚染の修復に関する規定が含まれています。事故の発生時に速やかに報告し、対処することが求められます。

⑦消防法
火災の発生を防ぎ、火災に対処するための規制や指針を提供する法律です。ベトナムにおいても消防法が存在し、企業や組織はこれに従う必要があります。

これらの法令を遵守することは、ISO14001認証の要件とも関連しており、適切な法令順守は環境への負荷を最小限に抑え、法的な問題を回避するために非常に重要です。組織は環境法令を適切に理解し、遵守するための対策を実施することが不可欠です。

8.ベトナムでのISO取得費用

前項目で、ISO14001の取得までの手続きについて説明しました。次に、ISO14001認証を取得するために必要な費用についてご案内いたします。

(1)審査費用の目安

ISO14001認証の審査費用は、認証を受ける企業の規模や選択する審査機関によって異なります。具体的な金額は、審査機関にお問い合わせいただかないと確定しませんが、おおよその目安として以下の金額帯が考えられます。

– 1名~20名の従業員: 約15万円相当(26,450,000ベトナムドン)
– 20名~59名の従業員: 約18万円相当(29,900,000ベトナムドン)
– 60名~149名の従業員: 約20万円相当(33,350,000ベトナムドン)

(2)その他の必要費用

ISO14001認証を取得するには、専門的な知識が必要な部分も多いため、多くの企業がコンサルタントのサポートを利用しています。

コンサルタントのサポート費用はコンサルタント会社によって異なりますが、一般的な費用の範囲は30万から100万の間になります。

まとめ

ベトナムでのISO14001認証に関するメリットやデメリット、取得スケジュール、運用におけるポイントなどを詳しく解説しました。

ベトナムに拠点を持つ企業がISO14001認証を検討する際の参考になればと願っています。

ISO14001の認証に関する不安や疑問点がある場合、または具体的なアドバイスやサポートが必要な場合は、お気軽にご相談いただければと思います。

私たちはISO認証プロセスについての詳細な情報や支援を提供できるかもしれません。

何かご質問やお手伝いが必要な場合、遠慮せずにご相談ください!

ISO・Pマークについてのお悩みはありませんか?
プロのコンサルタントにお気軽にご相談ください。
コンサルタント写真
ISO・Pマークについてのお悩みはありませんか?
プロのコンサルタントにお気軽にご相談ください。

ISO・Pマーク(プライバシーマーク)に関することなら
何でもお気軽にご相談ください

認証パートナーロゴ

0120-068-268
お電話受付:平日9:30〜17:00
0120-068-268
お電話受付:平日9:30〜17:00

認証パートナーのサービスご説明資料

8,000社以上の支援実績に裏付けされた、
弊社サービスの概要を紹介しております。

資料の内容

  • ・当社のサポート内容
  • ・規格の概要
  • ・取得までに必要な審査費用

ISO14001認証パートナー
サービスのご案内認証パートナーロゴ

認証パートナーロゴ

認証パートナーの専門コンサルタントが御社の一員となって事務局業務を行います。
お客様の作業は審査機関との窓口役だけ。それ以外はすべてお任せください。