ISO9001審査合格率100%

0120-068-268
お電話受付:平日9:30〜18:30

ISO9001認証お役立ちコラム

ISO9001規格改訂でよく出る指摘

2020年9月30日

ISO9001:2008は2015年9月に改訂され、ISO 9001:2015として新たに発行されました。
そして、2018年9月20日までに、全ての認証企業が移行審査の合格を求められることとなりました。

本記事では、規格改訂により審査員から指摘を受ける箇所を下記にまとめましたので、ご参考ください。

 

規格変更点

規格改訂の意図は、品質マネジメントシステムという考え方をさらに広げ、環境や労働安全などすべてのマネジメントシステムを共通の仕組みにまとめていくという発想です。
改訂後は事業目的達成の為のマネジメントシステムの活用が要求されるようになりました。
つまり、これまでは必要資料が揃っていれば審査に合格することができましたが、改訂後は「ISO9001ルール運用で何が得られたのか?」を問われるようになったのです。
事業実態とマネジメントシステムを統合し、システム運用の成果が出ているかが審査において重要視される事項となります。
また、規格の構成においても、全ての規格が共通化されるようになります。
(※8章構成が10章構成に変わりました)
これまでの規格構成は、複数のISO規格がそれぞれ分けられて表記されていましたが、改訂後は全てが合体した形式となっています。

規格改訂によって、カタチだけのISO9001の運用が通じなくなったことを覚えておいてください。

 

ISOの新規認証取得・運用について詳しく知りたい方はコチラ

まとめ

上記で記した規格改定後の注意事項を念頭に置き、カタチだけでなく、目的を持ったシステム運用を社内でも意識していってください。

これ1冊でISOが理解できる!
書籍「ISO9001・ISO14001やるべきこと、気をつけること」無料プレゼント!
お申込みはこちら

プロのコンサルタントがお悩みをお伺いします。
お気軽にご相談ください。

ISO・Pマーク(プライバシーマーク)に関することなら
何でもお気軽にご相談ください

認証パートナーロゴ

0120-068-268
お電話受付:平日9:30〜18:30

5営業日以内にお届け!

新規取得・運用別に
役立つ資料をお届けします

新規認証や運用・更新にあたって当社が何を請け負うか、
わかりやすい資料でご検討の参考にしてください。

役立つ資料をお届け

ISO9001認証パートナー
サービスのご案内

認証パートナーロゴ

認証パートナーの専門コンサルタントが御社の一員となって事務局業務を行います。
お客様の作業は審査機関との窓口役だけ。それ以外はすべてお任せください。