ISO14001審査合格率100%

0120-068-268
お電話受付:平日9:30〜18:30

ISO14001認証お役立ちコラム

審査機関にISO14001取得のための現地審査に来てもらう

2020年12月17日

ISO14001の審査は2回実施されます。1次審査と2次審査に分けて、審査員の方が会社に来られて、審査を実施します。

現地審査でチェックを受ける箇所は、ISOのマネジメントシステムの通りに体制が整備され、運用されているか等について審査機関が確認します。

1次審査と2次審査の違いとは

① 1次審査

1次審査は文書審査になります。

組織で使用している文書や帳票類、記録がISO14001の各項番に当てはまる要求事項に対し、どういったものを使用しているかをチェックするようなイメージになります。

 

② 2次審査

適用範囲すべてを対象にマネジメントシステムの実施状況を評価し、規格への適合性を審査されます。

1次審査で審査員の方がチェックした帳票類が実際の現場ではどうやって運用されているのかをチェックされるイメージです。 1次審査と2次審査の間は最低1か月の期間を開けなくてはならない為、急いでISO14001の認証が必要でも、この期間を考慮する必要があります。

ISOの新規認証取得・運用について詳しく知りたい方はコチラ

支払いについて

審査料および宿泊費(審査機関の規程を適用)、現地審査に係る交通費については、審査機関ごとで支払いのタイミングが異なります。

大抵は、

①審査前に審査費用をお支払いするパターン

②審査後に審査費用をお支払いするパターンに分かれるので、事前に審査機関に確認しておきましょう。

より詳しく知りたい方はJQAのHPをご確認ください。

参考:一般社団法人日本品質保証機構

プロのコンサルタントがお悩みをお伺いします。
お気軽にご相談ください。

ISO・Pマーク(プライバシーマーク)に関することなら
何でもお気軽にご相談ください

認証パートナーロゴ

0120-068-268
お電話受付:平日9:30〜18:30

5営業日以内にお届け!

新規取得・運用別に
役立つ資料をお届けします

新規認証や運用・更新にあたって当社が何を請け負うか、
わかりやすい資料でご検討の参考にしてください。

役立つ資料をお届け

ISO14001認証パートナー
サービスのご案内

認証パートナーロゴ

認証パートナーの専門コンサルタントが御社の一員となって事務局業務を行います。
お客様の作業は審査機関との窓口役だけ。それ以外はすべてお任せください。