ISO14001審査合格率100%

0120-068-268
お電話受付:平日9:30〜18:30

ISO14001認証お役立ちコラム

ISO14001審査に向けて必要な書類を作る

2020年12月17日

ISO14001の維持審査、更新に向けて、記録・文書・帳票類等の必要な書類作成についてご紹介していきます。 必要な書類は認証時とそれほど変更はありません。

すでに認証時に作成したISO14001の審査で必要な書類は『記録類』・『文書類』・『帳票類』に分けられます。 それぞれの項目に分けてみていきます。

記録類

運用がきちんと行われているかの証拠としてそれぞれ記したものがISO14001における「記録」です。 マネジメントマニュアルに載せている「記録」については審査員の方から、マネジメントマニュアルに載せている「記録」と、実際に使用している「記録」がチェックされます。

 

ISOの新規認証取得・運用について詳しく知りたい方はコチラ

文書類

「文書類」とは自社のマネジメントシステムのルールを文書化したものです。 「文書類」をさらに、3つの書類に分けてご紹介していきます。

① 業務手順書

社内業務の手順を定めたものです。 業界業種によって業務が違うため、企業によって手順書が違ってきます。

② 品質方針(環境方針)

マネジメントシステムを運用していく際のルールを定めたものです。

③ 品質(環境)マネジメントマニュアル

マネジメントシステムを運用していくルールを定めたものです。

帳票類

記録類と同様、マネジメントマニュアルに載せている「帳票」が実際の審査にてチェックされる可能性が高くなります。

普段使用せず、形だけ存在している「帳票」はマネジメントマニュアルに記載しないようにしましょう。 以上、ISO14001の審査に必要な書類をご説明いたしました。

 

これ1冊でISOが理解できる! 書籍「ISO9001・ISO14001やるべきこと、気をつけること」無料プレゼント! お申込みはこちら

プロのコンサルタントがお悩みをお伺いします。
お気軽にご相談ください。

ISO・Pマーク(プライバシーマーク)に関することなら
何でもお気軽にご相談ください

認証パートナーロゴ

0120-068-268
お電話受付:平日9:30〜18:30

5営業日以内にお届け!

新規取得・運用別に
役立つ資料をお届けします

新規認証や運用・更新にあたって当社が何を請け負うか、
わかりやすい資料でご検討の参考にしてください。

役立つ資料をお届け

ISO14001認証パートナー
サービスのご案内

認証パートナーロゴ

認証パートナーの専門コンサルタントが御社の一員となって事務局業務を行います。
お客様の作業は審査機関との窓口役だけ。それ以外はすべてお任せください。