ISO14001審査合格率100%

0120-068-268
お電話受付:平日9:30〜18:30

ISO14001認証お役立ちコラム

ISO14001現地審査1か月前でも慌てない方法

2020年12月17日

ISO14001の現地審査一ヶ月前になっても慌てない為にISO14001の現地審査に向けての重要項目を4点ご紹介します。

審査に向けて

ISO14001取得・運用に向けて一番の障壁になると感じられているのが現地審査です。
現地審査に向けて下記4点が重視してください。

①審査費用を支払うこと
②マネジメントレビューを実施すること
③内部監査
④不適合を受けた際に、2週間以内に是正行動をとること

上記の4点が最重要事項なります。

審査に落ちるのではないかとご不安な方も、上記を遵守すれば審査に落ちる可能性がかなり減ります。
しかし、指摘はほぼ出ると思っておいてください。
だからこそ、指摘を減らすことを考えて準備に時間をかけるのではなく、指摘は出るものと考え、その時間を、日常業務のお時間へ費やす方が得策となります。

以上を踏まえて、審査に向けて事前準備できる項目といえば④の不適合をできるだけ減らす事です
一番簡単な不適合を減らす方法は、定めたルールをルール通りに行なう事です。
ルールに反した実施状況がなければ、不適合がでる事もありません。

では、不適合が出ない事が一番会社にとって良い事なのか。それは違います。
会社にとって不適合がでるということは、改善するところがあるという意味合いになります。
審査で不適合が出たとしても、きちんと是正を行なえば審査に落ちる事はありません。

 

ISOの新規認証取得・運用について詳しく知りたい方はこちらへ

最後に

不適合を会社の改善点と受け取るか、面倒とらえてしまうかは会社様によりますが、
不適合がでる事が社内改善につながると考えていけば、不適合は自然に減ってゆくでしょう。

プロのコンサルタントがお悩みをお伺いします。
お気軽にご相談ください。

ISO・Pマーク(プライバシーマーク)に関することなら
何でもお気軽にご相談ください

認証パートナーロゴ

0120-068-268
お電話受付:平日9:30〜18:30

5営業日以内にお届け!

新規取得・運用別に
役立つ資料をお届けします

新規認証や運用・更新にあたって当社が何を請け負うか、
わかりやすい資料でご検討の参考にしてください。

役立つ資料をお届け

ISO14001認証パートナー
サービスのご案内

認証パートナーロゴ

認証パートナーの専門コンサルタントが御社の一員となって事務局業務を行います。
お客様の作業は審査機関との窓口役だけ。それ以外はすべてお任せください。