ISMS審査合格率100%

0120-068-268
お電話受付:平日9:30〜18:30

ISMS(ISO27001)認証お役立ちコラム

ISMSで言われるラベリングって、どういうこと?

2019年8月30日

ISO27001における、ラベリングについてご説明をさせていただきます。
ISO27001の情報のラベリングについて規格要求事項を交えて解説していきます。

A.8.2.2 情報のラベル付け

まずはISO27001の規格の文言を下記に記載いたします。

A.8.2.2 情報のラベル付け
管理策
情報のラベル付けに関する適切な一連の手順は,組織が採用した情報分類体系に従って策定し,実施しなければならない。

では、上記のISO27001の規格に対して、例えばどのような方法で、要求事項を満たしているのでしょうか。
例としては、「情報資産は社外秘、公開の2つに分類する。社外秘は鍵付のファイルに保管し、公開情報は持ち歩き可とする。」などがあります。

ISMSを手間なく・楽に運用したい方!
「これさえあれば大丈夫!ISMS準備チェックリスト」無料プレゼント!
プレゼントお申込みはこちら

まとめ

実際に、お客様や、社内のルールにおいて2つに分類しているところもあれば、一部の経営層のみが閲覧できる「極秘」を採用している企業もあります。
これはISO27001の規格が程度を要求していないことを表しています。

企業ごとの守らなければならない情報に応じて、ISO27001の規格をうまく利用して、区分分けするように心がけましょう。

ISMS新規認証取得・運用について詳しく知りたい方はコチラ

プロのコンサルタントがお悩みをお伺いします。
お気軽にご相談ください。

ISO・Pマーク(プライバシーマーク)に関することなら
何でもお気軽にご相談ください

認証パートナーロゴ

0120-068-268
お電話受付:平日9:30〜18:30

5営業日以内にお届け!

新規取得・運用別に
役立つ資料をお届けします

新規認証や運用・更新にあたって当社が何を請け負うか、
わかりやすい資料でご検討の参考にしてください。

役立つ資料をお届け

ISMS(ISO27001)認証パートナー
サービスのご案内

認証パートナーロゴ

認証パートナーの専門コンサルタントが御社の一員となって事務局業務を行います。
お客様の作業は審査機関との窓口役だけ。それ以外はすべてお任せください。