ISMS審査合格率100%

0120-068-268
お電話受付:平日9:30〜18:30

ISMS(ISO27001)認証お役立ちコラム

ISMS更新のステップ

2020年9月9日

ISO27001(ISMS)の有効期間は、取得してから3年間となります。
その後も維持するためにはマネジメントシステムを社内で構築・運用し続け、毎年受ける審査を通過する必要があります。
取得後の更新の流れを詳しくご説明していきます。

ISO27001取得後の運用サイクル

取得後の審査のサイクルは下記の流れになります。
1年目:維持審査
2年目:維持審査
3年目:更新審査

もし準備不足で審査を通過できなかった場合には取得したISO認証を失効してしまいます。
顧客や取引先に疑念を持たれる可能性がありますので、審査に落ちる事のないようきちんとした事前準備で審査に落ちることのないようにしましょう。

まとめ

ISO27001を取得はできたものの、いざ運用となった時に次のようなお困りの声を聞くことがあります。

「急にISO27001(ISMS)の担当になってしまった」
「現在の運用方法が本当に適切なのか分からない」
「毎回審査の前に一気に残業が増える」

本記事ではISO27001(ISMS)を既に認証済みの企業様が、次回審査までにやっておくべきことや審査の手順をまとめました。
ISO27001(ISMS)ご担当者さまのご参考になれば幸いです。

ISMSを手間なく・楽に運用したい方!
「これさえあれば大丈夫!ISMS準備チェックリスト」無料プレゼント!
プレゼントお申込みはこちら

プロのコンサルタントがお悩みをお伺いします。
お気軽にご相談ください。

ISO・Pマーク(プライバシーマーク)に関することなら
何でもお気軽にご相談ください

認証パートナーロゴ

0120-068-268
お電話受付:平日9:30〜18:30

5営業日以内にお届け!

新規取得・運用別に
役立つ資料をお届けします

新規認証や運用・更新にあたって当社が何を請け負うか、
わかりやすい資料でご検討の参考にしてください。

役立つ資料をお届け

ISMS(ISO27001)認証パートナー
サービスのご案内

認証パートナーロゴ

認証パートナーの専門コンサルタントが御社の一員となって事務局業務を行います。
お客様の作業は審査機関との窓口役だけ。それ以外はすべてお任せください。